セルフ撮影なのにマタニティペイントを綺麗に残せる!

お問い合わせはこちら

セルフ撮影なのにマタニティペイントを綺麗に残せる!

セルフ撮影なのにマタニティペイントを綺麗に残せる!

2021/07/03

最高のマタニティライフの思い出に!

やり残したことはない妊娠生活

大阪府枚方市でマタニティペイントをしているろくちゃんです。マタニティさんにとって最高の思い出になるひとときをお届けしています!

 

今回は、ろくちゃんが代表を務めますマタニティチャームズが運営するマタニティ&産後ママオプルオーゴのメンバーさんより、マタニティペイントのご依頼をいただきました。さらには、ひらかた子育て通信Haruさんの協力で、枚方公園駅やひらかたパークからすぐのところに新しくできたセルフ写真館「Shamoe」にて撮影をしてきました。

 

マタニティさんは、実はダンサーであるChikaさんです。自前の衣装をお持ちくださいました。実はChikaさんにマタニティペイントするのは2回目なんです。まだ妊娠6ヶ月ごろのお腹があまり出ていない時期にもさせていただきました。でも今回はしっかり9ヶ月!大きくなったまぁるいお腹一面に想いを描かせていただきました。リクエストは、かわいい感じheartダンサーの時とは違う表情のリクエストで驚きでしたが、精一杯可愛くさせていただきました!

マタニティペイント中

マタニティペイントは、shamoeさんの中でさせていただきました。狭いスペースでも描くことができますので、どこでもできますよ!どんどん出来上がっていく絵にワクワクしているChikaさんです!

ペイントはお腹だけじゃない!

せっかく素敵な衣装を持参していただいたので、腕にもペイント!お腹のデザインと同じ感じで描きました。これもとっても気に入ってくださったChikaさん。ろくちゃんもボディまで書かせていただけるのは嬉しいし、楽しいです!

ろくちゃんも一眼レフで撮影

セルフ撮影スタジオなのですが、撮影は自由!とのことなので、ろくちゃんのカメラでも撮影をさせていただきました。ポージングが慣れているChikaさんなので何も言わずとも素敵な感じに動いてくれていました。撮られ慣れているから〜と話されていて、私もシャッター押すだけでいいので楽でした(笑)

それではセルフ撮影

セルフ写真館「Shamoe」の機材はずべてプロ仕様。シャッターを押すだけで綺麗な写真が撮れる設定になっています。シャッターボタンあえて見せて撮影する方法が、韓国では人気だとスタッフさんに教えていただき、早速やっていました。今回の撮影には、Chikaさんのお母様タキコさんと妹のミカちゃんも来て家族でマタニティフォトを撮りました。

Shamoeのカメラで撮影するとかっこいい写真が撮れる

こちらが撮影した写真。セルフで撮ったと思えないですよね!とってもカッコよく綺麗な写真を撮れています。

順番に家族が筆入れ

Chikaさんの希望で文字入れしました。そこは家族の出番!まずは妹のチカちゃんが描いてくれました。真剣な眼差しが素敵!

母から娘へエールを

次はお母様のタキコさんが描いていきます。娘の手を握りながら、緊張しながら描く時間。それはまるで結婚式のベールダウンのように神秘的なあ時間でした。いつでも母には勝てない。私も母のように、こんな風になれるのかなと送る日々。大丈夫よ!と見守る母のパワーには無償の愛が詰まっています。

想い

想いはシンプルです。母になる。我が子に会える。あなたがお腹に来たとわかったあの日から、毎日毎日いろんなことと闘いながら育ててきた赤ちゃん。もうすぐ会えるけど、出産は怖い。そんな時にペイントで残すこの時期の話。いつか子どもが大きくなったらこの写真を見せて語り合って欲しいと思います。

続く。。。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。